医薬品の個人輸入代行サイトを利用する際の注意点

仕事や子育てで忙しい方でも、インターネット通販で簡単に利用できるようになった医薬品の個人輸入ですが、幾つかの点に注意する事で、より安全に利用する事ができます。
まず第一に、薬を自己判断で使用する事はリスクを伴う行為だという事を理解しておいて下さい。
医学を学んだ専門知識のある方なら別ですが、症状から病名を判断するのはとても難しく、似たような症状の病気はたくさんあります。

もしも、思っているのとは別の病気だったという場合、関係ない薬を自己判断で飲み続ける事になり、症状が回復しないばかりか肝機能障害など身体に害を及ぼす事もあるのです。
薬の飲み合わせや、持病への影響、アレルギーや副作用の出やすい体質などもありますので、安全のためにも最初は病院で診てもらうのがいいでしょう。
病院で処方された事のある薬なら、服用方法や注意点も事前に説明を受けるはずですし、副作用が現れてしまった時も医師による適切な処置をすぐに受けることができます。
ですから、自分の身を守るためにも、その薬を使いきってもまだ治療が必要な時に、このような通販を利用してみて下さい。

次に、医薬品の個人輸入では偽造品や粗悪品を掴まされる危険があるという事を覚えておきましょう。
多くの利用者がいる老舗のサイトならその危険性も限りなく低くなるとは思いますが、初めての利用の時はそれを見極めるだけの知識がまだありません。
一番狙われるのはそういった初心者ですので、初めての時こそ慎重に選ぶ必要があります。
通販サイトを選ぶ時は安さに気をとられがちです。

ですが、安さに目がくらんで身体を壊していては元も子もありませんから、事前に評判をしっかり調べ、価格は相場相当か、クレジットカードは利用できるか、他のサイトと比較して正しい情報を載せているか、日本で成分調査を行っているかなどをしっかりチェックし、慎重に信頼できるサイトを探す事が大切です。
そして最後に知っていてほしいのは、薬事法において医薬品や医薬部外品、化粧品などを個人輸入できるのは、自分で利用する分だけだという事です。
他の人に譲ったり売ったりする目的で購入するのは違法なので、絶対に行わないようにしましょう。
あまりにも量が多い場合も個人輸入とは認められず、その量は厳しく規制されています。

例えば、処方箋薬の場合、用量からみて1か月分しかまとめて購入できませんし、その他の医薬品は2ヶ月分、サプリメントは3か月分、化粧品や医薬部外品は1品目24個までと定められているのです。
一般の方が普通に利用する分にはまずこれを超える事はないと思いますが、一気に常備薬をまとめ買いしようとした場合に購入できない事もあるようなので、まとめ買いも程ほどにする必要があります。
医薬品が身近で便利な存在になった反面、わたしたちはそこにリスクがある事を忘れがちです。

自分の身は自分で守らなければなりませんから、個人輸入代行サイトなどを利用する時は、くれぐれも慎重に行いましょう。

医薬品の個人輸入にお勧めのサイト

医薬品は個人輸入することができます。
ネットで手軽に注文したいという人にお勧めです。
いろいろなサイトがあるのですが、特にお勧めなのは、こちらのサイトです⇒http://xn--zck4a9f900l4fat9diydm9ek8dev5e36zc6fo06hmlav58f.com/
なぜ、こちらのサイトがいいのかと言うと、医薬品の個人輸入専門店として有名ですし、評判もいいからです。
そして、安全性が高く、高品質であるという点も安心できるため、お勧めしたいと思いました。
医薬品の個人輸入サイト選びに困った時、ぜひとも活用してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です