安価な医薬品なら個人輸入の通販サイト

病気にはいろんな種類があり、そのなかには毎日薬を服用しなくてはいけないものもあります。
それも数週間数ヶ月ではなく数年もしかしたら生きている間ずっと服用することになることもあるのです。
たとえば、生活習慣病で腎不全になったり、肝機能低下となったとき、現在の医学ではそう簡単には治せないため、薬に頼るとしたらほとんど永久的に利用することになるのです。
そうなると毎日服用する肉体的な負担も然ることながら、そこにかかるお金は膨大なものとなってきます。

image129肉体的な負担はある程度慣れてくるかもしれませんが、経済的な負担は慣れることはなく確実に通帳に変化をもたらしてしまいます。
もちろん、生命に関わる医薬品であるため、公的な保険も適応するため、1~3割の自己負担で済むかもしれませんが、それでも小さな経済的な負担ではありません。
そこでオススメなのが個人輸入代行を行っている通販サイトの活用です。
というのも、海外特にインドでは特許に関する考え方が国際的に違っているため、数多くの種類のジェネリック医薬品を製造することができるのです。
ジェネリックであるため特許に関するお金が価格に反映されていないため、非常に安価で購入することができるのです。

もちろん、個人輸入で購入するため、すべては自己負担となります。
しかし、その値段は先発のものよりも10%以下で購入することもできるのです。
一般的には自己負担は3割であるため、通販サイトで購入した方が3分の1も安く購入することができるわけです。
そもそも医薬品というものは、原材料はとても安価なものばかりで、製造コストもさほど高くありません。
高いのは研究にかかる費用であるため、その研究費が価格に反映されていないジェネリックが非常に安価なのは当然のことなのです。

気になる薬の効果ですが、ジェネリック医薬品というのは先発のものの有効成分が一緒なのです。
そのため、薬の効果も利用方法もほぼ一緒であるため、使用するのにほとんど問題はありません。

安い価格で同じ効果を得ることができるため、実際に多くの人々が個人輸入による通販を活用しているのです。
奇しくも現在の日本は少子高齢化社会となってきて社会保障費、特に医療費に関しての負担が大きくなっているのです。
その医療費の負担の多くが医薬品が占めていると言われています。
そのため、医療費にかかる自己負担率を増やそうという議論もあり、さらに消費者にとっては薬の購入費がかさんでくる可能性が高まっているので、ジェネリックの個人輸入は注目されています。
もちろん、個人輸入は自己負担率100%であるため、社会保障費に対して圧迫することもありません。

個人のお財布に優しいのはもちろん、日本の財政にも優しいというわけです。
もしも、少しでも医療費を抑えたいと思っている人がいるのならば、個人輸入の通販サイトを活用してみることを選択肢の一つに加えておくべきだと思っています。

Comments are closed.